ネットトライ -ネットの噂 ニュースを切る 実戦記 副業 転売 ダイエット

ネットの噂に挑戦 その噂どうなの?副業 転売 ダイエット怪しいネットの噂に挑戦

未分類

床矯正とは?成人ぎりぎりで床矯正を体験した話

床矯正は成人してからも効果があります

床矯正とは?読み方は「しょうきょうせい」と読むようで、顎関節症に悩まされていた私は歯医者さんにこの床矯正という一風かわった矯正方法を紹介されました。

私は元々出っ歯であり、嫌みに幼いころは弱かったため大学生の時に初めて痛みを乗り越えてでも矯正をしたいと思うようになりました。

しかし、当時親には私立大学にいかせてもらっていたため、矯正代はバイト代で捻出する必要がありました。当時色々矯正方法を調べて、バイト代でも支払えそうで、かつ成人間際でも効果があるという書き込みをみて、床矯正を19歳の終わりにはじめました。

よく皆さんがみるワイヤーを巻いた歯を抜いての隙間を作ってその隙間に綺麗に並べていくという手法の矯正はアメリカが主に行う歯科矯正方法だそうで。

一方、床矯正は、ドイツを主流として行われているもので、歯を裏側から広げて隙間を作っていく方法になります。

きょうせい

人間って頭蓋骨を中心に真ん中に線が入っていますよね?つなぎ目みたいなやつがあるそうで、歯を裏側から広げるとそこに隙間ができるんだそうです。

そこが塞がってきたらまた広げて・・・というのを繰り返して歯の隙間を作っていきます。

ですから、顎を広げるので顎関節症の治療には向いていますし、何より後戻りが少ないというメリットがあります。

床矯正は安い 30万以下でした

床矯正はワイヤー矯正と比べて、費用が安いことが決め手でもありました。

当時バイト代から歯科矯正のお金を捻出しましたが、はじめに上顎で10万、下顎で10万、もろもろの通院とマウスピース代を合わせても25万を少し超えたかな?という金額でした。

ワイヤー矯正と併用する方法も?

私は行いませんでしたが、床矯正でスペースを作りワイヤー矯正でならべている複合ざわを使っている歯科医院もあるようですね。

実は同時に妹も矯正を行ったのですが、二人共ワイヤー矯正との併用をおこなわずともかなりきれいな歯並びになりました。

妹は小顔にしたいということもあり、すべて親知らずを抜いた上で矯正に望んだので、結果的に横顔美人になっていました。

 

30歳になった今でも出っ歯は引っ込んでいます。

この記事を書いているのは、床矯正を行って11年たってからです。さいごにマウスピースを下のは9年以上前だったと思います。

歯科矯正のメリットとして集中力をあげたり、かみ合わせが合うことによる肩こりの減少など様々なメリットが感じられています。

 

もし、成人してからでも矯正を行いたいと思う方は、床矯正を行っては如何でしょうか。

 

-未分類